共用設備 Shared Equipment

高温NMR解析システム

主な使用

主な使用

用途

核磁気共鳴(NMR)装置は磁場中に置かれた核スピンを検出する事により、液体の構造や拡散係数を解析する装置です。特に溶融塩やイオン液体の構造およびダイナミクスを知ることを目的としています。希少元素高効率抽出プロセスは数百℃の高温で進むため、高温の条件下でNMR測定を行う必要があります。そのため、本装置では専用の高温磁場勾配拡散NMRプローブを備えており、高温条件下での拡散係数の測定が可能となっています。