目的 Objective

 我が国の高性能なハイテク製品は高機能な材料に支えられています。特に、高性能モーター用の磁石や小型電子機器用の部品などでは、希少元素をうまく使いこなすことによって機能性材料の特性を引き出し、日本のハイテク製品の優位性を保ってきました。ところが、この希少元素の産出が一部の資源国に偏っていることから、最近の世界的な需要の急拡大と一部資源国の供給抑制策により、希少元素の供給は不足がちになり、同時に価格の高騰にさらされ、我が国のハイテク製品の優位性が揺らいできています。

 一方、我が国には有用金属を多量に含む電気電子機器の廃棄物が多量に存在します。これを「都市鉱山」と呼び、この都市鉱山には希少元素が多く含まれる電子基板や磁石等の廃棄物があることから、これらの廃棄物から希少元素を回収し再生する(元素循環と呼んでいます)技術とシステムは、希少元素の資源を確保する上で重要な手段となります。

 そこで、このたび東北大学を中心として、都市鉱山を対象とし、廃棄物からの物理的な分離・選別技術、新しい希少元素の抽出・分離技術および反応解析を含む応用技術を研究し、その連成による「元素循環の科学」を確立することにより、都市鉱山からの希少元素の回収・再生への応用に結びつけたいと思っております。