レアメタルについて ABOUT RARE METAL

「希少元素(レアメタル・レアアース)」とは何か?
プロジェクトの背景・目的に関わる、レアメタル・レアアースについてご紹介します。

レアメタルの特徴と利用方法とは?

レアメタルの特徴はわずかな量を添加するだけでその材料の機能、例えば強度や磁気特性を著しく向上させる点にあります。

例えば、構造材料の主流である鉄鋼材料では、鋼に少しのニオブ(Nb)やモリブデン(Mo)を添加することによって著しく強くなり、材料の節約や軽量化に大きく役立っています。
この強度を増した鉄鋼材料は、自動車に使用されれば燃費の向上に大きく寄与します。
また、レアアースを少し加えた鋼は、石油や天然ガスの採掘用の油井管として、新しい油田やガス田の掘削や生産に必須の材料となります。

機能性材料では、ネオジム(Nd)やジスプロシウム(Dy)は強い永久磁石を作るのに欠かせません。
この強い永久磁石は、ハイブリッド自動車や電気自動車のモーターを作る上でなくてはならないものとなっています。また、半導体レーザーや発光ダイオード等の電子材料、一次電池や二次電池、燃料電池等のエネルギー機器用材料、あるいは光学ガラスや発光体などの材料に添加されて、それぞれの性能の向上に役立っています。
下の図では自動車とパソコンにレアメタルが用いられている例を示しました。