共用装置 Equipment

マイクロビッカース硬度計

マイクロビッカース硬度計

装置の特徴

  • CCDカメラ内蔵の自動測長機能により、試料表面上の圧痕を自動的に読取る性能をもっており、読取誤差が少なくて誰でも簡単に高精度で硬度を測定できます。
  • 圧子を試料に押込んだときに生ずる圧痕の角部から発生する亀裂の長さを計測できるので、脆性材料の破壊じん性値を測定することができます。
測定画面例

仕様

対物レンズ倍率
40倍、10倍
試験力
98mN、245mN、490mN、980mN、1.96N、2.94N、4.9N、9.8N、19.6N
有効測定範囲
120mm×90mm(対物40倍時)
XYステージ
面積:100mm×100mm
サンプル
高さ上限:100mm、重量上限:5kg

料金

学外利用者
1,018円/時間
装置担当者による支援
受託測定:硬度の計測等

連絡先:東北発 素材技術先導プロジェクト 超低摩擦技術領域
担当:笹森 TEL:022-795-4909

・お問い合わせアドレス

tribology @ niche.tohoku.ac.jp

迷惑メール防止のため、アットマーク@の前後に空白を入れてあります。
メール送信の際は、お手数ですが空白の削除をお願いします。

超低摩擦技術領域 紹介映像

超低摩擦技術領域 紹介映像

超低摩擦技術領域にについて機器設備などの紹介をふまえながらまとめたショートムービーです。