研究紹介

 実用技術課題であるピストンや軸受などエンジンの機械部品における油潤滑、新エネルギーシステムのための水潤滑、次世代真空機器における固体潤滑に対して、「高負荷条件下の超低摩擦技術」、「低粘性流体による低摩擦技術」、「高分子・複合材による固体低摩擦技術」をそれぞれ開発します。これらの技術開発の基盤技術として、以下に挙げる3テーマを科学的研究課題としています。「ナノ界面層からのボトムアップ型設計」にもとづくエネルギー効率の大幅な向上等に資する低摩擦システム開発を展開します。

  • In-situ摩擦・摩耗解析装置の開発とナノ界面最適化設計
  • 摩擦界面における現象をナノレベルで解明する計測技術開発
  • 摩擦下における界面反応を解析するトライボシミュレータの開発
研究紹介
産学協働による超低摩擦技術の研究開発
ln-situ摩擦・摩耗解析装置の開発とナノ界面最適化設計
摩擦界面における現象をナノレベルで解明する計測技術
摩擦下における界面反応を解析するトライボシミュレータの開発

超低摩擦技術領域 紹介映像

超低摩擦技術領域 紹介映像

超低摩擦技術領域にについて機器設備などの紹介をふまえながらまとめたショートムービーです。